釣りの好きな男の子の例

6:00am 早朝から学びとして釣り

 ブラックバス釣りに熱中している男の子。釣りをスクールのプロジェクトとして承認してもらっているので、朝の6時からスクールの学びとして釣りを行っています。

 毎日、スクールに行く前に近くの川へ向かって、釣りの腕を磨いています。

 

 みっちり5時間、思う存分、釣りをすることができます。

 


12:00pm 釣りをしてからスクールへ。

 釣りを終えてから、スクールヘ向かいます。

 

 スクールではさっそくインターネットで調べもの。

 新しいロッド(竿)が発表されたので、その情報を下調らべ。


 

1:00pm スクールミーティング

 毎週水曜日は、プロジェクトの承認やルールの決定を行うスクールミーティングの日です。

→詳しくは「ミ―ティング」をご覧ください。

 

 今回のスクールミーティングには、釣りプロジェクトでバスフィッシングの全国大会に出たいので、大会参加費と遠征費用をスクール予算で出して欲しいと提案。

 将来、アメリカに渡ってバス釣りのプロになる為に、まずは国内の大会で実績を残していきたいというプレゼンテーションをみんなに説明して予算の承認をもらいました。


 

2:30pm 釣り具屋さんへ行く

 バス釣りをはじめて1年。そろそろ技術もついてきて、上のランクのロッドやリールが欲しくなってきたので、釣り具屋さんへ下見に行く。

 店員さんにもお薦めのタックルの情報を聞いて帰ります。


 

4:00pm スクール終了。

 今日はあちこち動いたのでへトへト。

 明日も朝早くから釣りに行くので、早めに帰ろうと思っています。

→西宮サドベリースクールの情報をシェア!

→西宮サドベリーメルマガ 登録はこちら。

 スクールの日常を月2回、お届けします!

メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール